音楽雑誌の製本を依頼した時に

ロックの音楽事情を語る上で、ドイツの音楽はテクノが主流です。
日本でテクノと言えば、世界の坂本である坂本龍一さんが在籍していたYMOが有名ですが、
その根源はドイツのクラフトワークというアーティストにたどりつきます。
音楽雑誌を製本したときに、クラフトワークのジャケットはあまりに有名です。
人間解体というアルバムのジャケットは日本のテレビや映画などで
何度も目にしたことがあるジャケットです。
ロックの音楽雑誌のカタログなどを見ても、一番代表とされているジャケットでしょう。
テクノ音楽は色あせることなく、現代もさまざまなシーンで聴かれます。
ゲームサウンドと似たところがあるので、
現代の文化に通じるところがたくさんあるのも理由でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です