陥没乳首がかゆいときにおすすめの薬

陥没乳首のかゆみに効果的な薬

陥没乳首がかゆい時は、女性ホルモンの分泌を促進するプエラリアミリフィカ根エキスやザクロ果汁エキス、大豆の種子といった成分が配合されている薬を塗布することが推奨されています。
これらの成分が含まれている薬は、血液を乳頭部に集中させて陥没乳首の改善に効果が期待できます。
また、細胞を活性化させる植物性の成分も配合されていますので、陥没乳首がかゆい際に使用することで症状が改善されるといわれています。
保湿成分のヒアルロン酸も含まれていますので、乳頭全体の柔軟性を高めることができ、乾燥や摩擦でかたくなった乳頭をなめらかにします。
この陥没乳首のかゆみに効果的なクリーム状の薬は、シャクヤクエキスや天然のローズ油も配合されているため、乳頭のかゆみを改善させるだけではなく、においをケアしたり黒ずみに対しても効果が期待できるでしょう。
かゆい時だけではなく、定期的に使用することでゆっくりと症状が改善することができるといわれています。

陥没乳首のかゆみに処方される塗り薬

陥没乳首がかゆい時に処方される塗り薬には、メラニン色素を抑制するものがあります。
この塗り薬は、メラニンの生成を抑えるトレチノインやハイドロキノンが配合されており、かゆみを改善するだけではなく乳頭の黒ずみをピンク色に近づける効果が期待できます。
乳頭は、デリケートな粘膜で形成されていますので、比較的かゆみが生じやすい部位になります。
そして、衣類などによる摩擦などによって乾燥しやすく汗や汚れが付着しやすいことが原因といわれています。
特に、乳頭がバストの内部に埋もれてしまっている状態の陥没乳首は、マラセチアというカビの一種によってかゆみが引き起こることがあり、放置しておくと症状が悪化してしまいますので、適切な塗り薬を処方してもらうことが大切です。
マラセチアによるかゆみは、症状が進行すると湿疹が発生して生活に支障が出たり治療に時間がかかってしまう場合もありますので注意しましょう。

まとめ

陥没乳首にかゆい症状がある場合は、適切なケアや薬を処方してもらうことが大切です。
かゆみの原因は、女性ホルモンが関係していたり、乾燥、カビなどの汚れなどさまざまです。
特に、陥没乳首は汚れやカビが発生しやすいため、かゆみやにおいといった気になる症状が発生した際には、悪化を防ぐためにも早めに医師に相談することが大切といわれています。
症状によっては、定期的に使用するクリーム状の薬やかゆい時に使用する軟膏が処方されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です