陥没乳首がかゆい・ただれる症状があれば病院へ

陥没乳首のかゆみの対処法

陥没乳首は、雑菌が繁殖しやすい状態なのでそうでない場合に比べて皮膚トラブルが起こりやすい状況にあります。
陥没乳首がかゆい場合には、清潔にしたり手持ちの薬を塗って様子を見るという方法もありますが、ただれてきた場合やかゆい症状が続く場合には病院に行くのがお勧めです。

陥没乳首は、垢や汚れがたまっているケースが少なくありません。
皮膚にはもともと常在菌がありますが、汚れや角質などがたまって不潔になると菌が繁殖してただれやかゆい症状を引き起こすことがあります。

陥没乳首そのものは病院に行く必要はありませんが、かゆい症状が続いて清潔にしていてもなおらなかったりただれが気になるときにはかかりつけの皮膚科を受診するのが良いでしょう。
乳首はデリケートですので、自己判断をすると悪化することも否定できません。
陥没乳首でかゆいというのはありふれたことですので、恥ずかしい事ではありませんしよくある症状です。

陥没乳首のケアの仕方

陥没乳首は、乳首が陥没した状態で不潔になりやすいという特徴があります。
清潔にしているつもりでも、時折かゆみが出たり寝ている間にかきむしってしまうことは少なくありません。
一度ただれると陥没しているため、乾燥させにくく治りにくいのが実情です。

ただれるとなおりにくい部位ですので、気になる場合にはかかりつけの皮膚科を受診するのが良いでしょう。
授乳中であれば、婦人科や産婦人科などでも対応ができます。

垢がたまっていたり不潔になるとかゆみを感じるのは、それほど珍しい事ではありません。

陥没という形状のため、乾燥しづらく菌がわきやすいというのが陥没乳首の特徴です。
病院に行くと、適切なケアの方法を指導してもらえますし最適な薬を処方してもらうことができます。
その場で処置をしてもらうことが可能なケースもありますので、恥ずかしガラスに早めの受診が最適です。
早期受診で、悪化を防ぐことができるメリットがあります。

まとめ

陥没乳首は、不潔になりやすいためかゆい症状が続いたりかきむしってただれることは少なくありません。
部位的に恥ずかしいと感じて自己流のケアをしていると、より悪化してしまうこともありますのでできれば早めの処置のためクリニックの受診をするのがお勧めです。
早めの受診をすることで、最適なケアの方法を教えてもらうことができますし、炎症止めの薬も処方されます。早期の治療をスタートすると、悪化させずに治すことが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です