片方の陥没乳首がかゆい!その原因とは

原因①汚れがたまっている

片方の陥没乳首がかゆいという場合、主な原因の一つとなるのが汚れです。
陥没乳首は乳首が露出せず乳房に埋まっているような状態になるわけですが、陥没部分が表に出ないため洗いづらく、くぼみになっていることも多く汗や皮脂が入ってしまいやすい部分だといえます。
そのため、片方がかゆいと感じた際には汚れを取ることが重要です。
汚れを取るというと、専門的な器具やクリニックを利用する必要があると思われる方がいるかもしれませんが、基本的な汚れは普段から使用している石鹸やボディーソープでキレイにすることができます。
注意として、乳首や乳房や刺激に弱いので、肌へ刺激を与えやすいナイロンタオルなどは、使わない方が良いでしょう。
しかし、長年たまった汚れなどは石鹸で洗うだけでは中々落ちることはありません。
そのような場合には、オリーブオイルなど肌に優しいオイルを脱脂綿につけた乳首パックでキレイにするのがおすすめです。

原因②病気やアレルギーの可能性も

衛生状態などさまざまな要素が関係する陥没乳首のかゆみですが、乳首がかゆい場合はそれだけではなく、発病しているケースも少なくありません。
元々皮膚の弱い方であれば、陥没乳首に多少かゆみが生じることはありますが、掻きむしりたくなるほどかゆい場合、乳腺炎などの病気の可能性が考えられるため、近くの皮膚科を受診するようにしましょう。
どうしてもかゆいと感じる場合、皮膚科ではなく乳腺科を受診することをおすすめします。
陥没乳首のかゆみが非常に強い場合、症状が進んでいる可能性があるためです。
一方、肌がデリケートな方の場合はアレルギー反応の一つとして陥没乳首がかゆくなってしまうこともあります。
ら陥没乳首がかゆくなった」という方は、すぐに使用を中断して皮膚科などを受診するのが良いです。

まとめ

陥没乳首がかゆくなった際、さまざまな原因が考えられます。
くぼみとなった陥没部分に汚れがたまっていたり、病気の症状の一つとしてかゆみが発生していたりすることも少なくありません。
辛い陥没乳首のかゆみも、原因を知ることによって対処することが可能です。
かゆみを感じた際には、まずは石鹸など刺激の少ないもので陥没部分を洗い、それでもかゆみが取れない場合は皮膚科、もしくはかなりかゆみが強い場合は乳腺科などの病院を受診するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です