陥没乳首がかゆい!皮がむける対策とケア方法

陥没乳首はかゆい症状があらわれやすい

陥没乳首でかゆい症状が現れた場合には、たとえかゆくてもデリケートな部分なのでかくことができず、つらい思いをしている人も多いかもしれません。
中にはかゆいことが我慢できずにひっかいてしまい、皮がむける症状が現れている人も多いことでしょう。
陥没乳首の陥没している部分は、普段は表に出ていないことから、非常に刺激に弱い状態となっています。陥没しているので汗や皮脂などの汚れがたまりやすく、雑菌が繁殖しやすい状態とも言えるでしょう。
刺激に弱く肌本来が持つ機能が働けない状態になっているため、乾燥しやすくかゆい症状が現れやすいといえます。
しかししっかりとケアすることによって、かゆい状態も抑えることができます。
一番大切なことは、陥没した部分にたまった汚れを取り、保湿をしっかりと行うことです。乳首専用の保湿化粧品なども数多く販売されているので、このようなものを上手に使うことで、かゆい症状を抑えることにもつながります。

皮がむける症状にはとにかく保湿が重要です

陥没乳首によってかゆみや皮がむける症状が現れているのであれば、とにかく保湿を行いましょう。
保湿を行う前に、まずは陥没部分にたまった汚れを除去します。お風呂に入った時に石鹸をよく泡立てて汚れを洗い落とします。
この時に体用の石鹸を使うと刺激が強いのでできるだけ避けたいところです。
デリケートゾーン専用の石鹸を使うのが望ましいですが、一般的な石鹸でも問題ありません。
泡立てた泡で優しく洗ったら、しっかりと洗い流しましょう。
流し残しは新たなかゆみの原因にもつながるため注意が必要です。
ひどい汚れがある場合には、乳首パックがおすすめです。
ベビーオイルなどを脱脂綿につけて、乳頭部分にかぶせるものです。
入浴する10から30分ほど前に行ってからお風呂に入ると効果的です。

お風呂からあがったら乾燥を防ぐためにしっかりと保湿をします。
保湿成分が配合されているバストケア専用のクリームが望ましいでしょう。
仮性の陥没乳首の場合には、保湿をしながらマッサージをすることで、陥没乳首の改善にもつながります。

まとめ

このように陥没乳首のかゆみや皮がむける症状に対しては、清潔を保ち保湿をしっかりと行うことが重要であるとわかりました。
しかしそのほかにもかゆみが現れる原因があるのも事実です。
例えば下着の素材が肌と合わずにかぶれてしまったり、場合によっては女性ホルモンのバランスが影響していることもあります。
かゆみがあまりにもひどかったり、なかなか症状が改善されないのであれば、病院で相談するのも一つの手段です。
皮膚科で自分の症状を相談してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です