陥没乳首がかゆい!皮がむける対策とケア方法

陥没乳首はかゆい症状があらわれやすい

陥没乳首でかゆい症状が現れた場合には、たとえかゆくてもデリケートな部分なのでかくことができず、つらい思いをしている人も多いかもしれません。
中にはかゆいことが我慢できずにひっかいてしまい、皮がむける症状が現れている人も多いことでしょう。
陥没乳首の陥没している部分は、普段は表に出ていないことから、非常に刺激に弱い状態となっています。陥没しているので汗や皮脂などの汚れがたまりやすく、雑菌が繁殖しやすい状態とも言えるでしょう。
刺激に弱く肌本来が持つ機能が働けない状態になっているため、乾燥しやすくかゆい症状が現れやすいといえます。
しかししっかりとケアすることによって、かゆい状態も抑えることができます。
一番大切なことは、陥没した部分にたまった汚れを取り、保湿をしっかりと行うことです。乳首専用の保湿化粧品なども数多く販売されているので、このようなものを上手に使うことで、かゆい症状を抑えることにもつながります。

皮がむける症状にはとにかく保湿が重要です

陥没乳首によってかゆみや皮がむける症状が現れているのであれば、とにかく保湿を行いましょう。
保湿を行う前に、まずは陥没部分にたまった汚れを除去します。お風呂に入った時に石鹸をよく泡立てて汚れを洗い落とします。
この時に体用の石鹸を使うと刺激が強いのでできるだけ避けたいところです。
デリケートゾーン専用の石鹸を使うのが望ましいですが、一般的な石鹸でも問題ありません。
泡立てた泡で優しく洗ったら、しっかりと洗い流しましょう。
流し残しは新たなかゆみの原因にもつながるため注意が必要です。
ひどい汚れがある場合には、乳首パックがおすすめです。
ベビーオイルなどを脱脂綿につけて、乳頭部分にかぶせるものです。
入浴する10から30分ほど前に行ってからお風呂に入ると効果的です。

お風呂からあがったら乾燥を防ぐためにしっかりと保湿をします。
保湿成分が配合されているバストケア専用のクリームが望ましいでしょう。
仮性の陥没乳首の場合には、保湿をしながらマッサージをすることで、陥没乳首の改善にもつながります。

まとめ

このように陥没乳首のかゆみや皮がむける症状に対しては、清潔を保ち保湿をしっかりと行うことが重要であるとわかりました。
しかしそのほかにもかゆみが現れる原因があるのも事実です。
例えば下着の素材が肌と合わずにかぶれてしまったり、場合によっては女性ホルモンのバランスが影響していることもあります。
かゆみがあまりにもひどかったり、なかなか症状が改善されないのであれば、病院で相談するのも一つの手段です。
皮膚科で自分の症状を相談してみましょう。

陥没乳首がかゆいときにおすすめの薬

陥没乳首のかゆみに効果的な薬

陥没乳首がかゆい時は、女性ホルモンの分泌を促進するプエラリアミリフィカ根エキスやザクロ果汁エキス、大豆の種子といった成分が配合されている薬を塗布することが推奨されています。
これらの成分が含まれている薬は、血液を乳頭部に集中させて陥没乳首の改善に効果が期待できます。
また、細胞を活性化させる植物性の成分も配合されていますので、陥没乳首がかゆい際に使用することで症状が改善されるといわれています。
保湿成分のヒアルロン酸も含まれていますので、乳頭全体の柔軟性を高めることができ、乾燥や摩擦でかたくなった乳頭をなめらかにします。
この陥没乳首のかゆみに効果的なクリーム状の薬は、シャクヤクエキスや天然のローズ油も配合されているため、乳頭のかゆみを改善させるだけではなく、においをケアしたり黒ずみに対しても効果が期待できるでしょう。
かゆい時だけではなく、定期的に使用することでゆっくりと症状が改善することができるといわれています。

陥没乳首のかゆみに処方される塗り薬

陥没乳首がかゆい時に処方される塗り薬には、メラニン色素を抑制するものがあります。
この塗り薬は、メラニンの生成を抑えるトレチノインやハイドロキノンが配合されており、かゆみを改善するだけではなく乳頭の黒ずみをピンク色に近づける効果が期待できます。
乳頭は、デリケートな粘膜で形成されていますので、比較的かゆみが生じやすい部位になります。
そして、衣類などによる摩擦などによって乾燥しやすく汗や汚れが付着しやすいことが原因といわれています。
特に、乳頭がバストの内部に埋もれてしまっている状態の陥没乳首は、マラセチアというカビの一種によってかゆみが引き起こることがあり、放置しておくと症状が悪化してしまいますので、適切な塗り薬を処方してもらうことが大切です。
マラセチアによるかゆみは、症状が進行すると湿疹が発生して生活に支障が出たり治療に時間がかかってしまう場合もありますので注意しましょう。

まとめ

陥没乳首にかゆい症状がある場合は、適切なケアや薬を処方してもらうことが大切です。
かゆみの原因は、女性ホルモンが関係していたり、乾燥、カビなどの汚れなどさまざまです。
特に、陥没乳首は汚れやカビが発生しやすいため、かゆみやにおいといった気になる症状が発生した際には、悪化を防ぐためにも早めに医師に相談することが大切といわれています。
症状によっては、定期的に使用するクリーム状の薬やかゆい時に使用する軟膏が処方されます。

陥没乳首がかゆい・ただれる症状があれば病院へ

陥没乳首のかゆみの対処法

陥没乳首は、雑菌が繁殖しやすい状態なのでそうでない場合に比べて皮膚トラブルが起こりやすい状況にあります。
陥没乳首がかゆい場合には、清潔にしたり手持ちの薬を塗って様子を見るという方法もありますが、ただれてきた場合やかゆい症状が続く場合には病院に行くのがお勧めです。

陥没乳首は、垢や汚れがたまっているケースが少なくありません。
皮膚にはもともと常在菌がありますが、汚れや角質などがたまって不潔になると菌が繁殖してただれやかゆい症状を引き起こすことがあります。

陥没乳首そのものは病院に行く必要はありませんが、かゆい症状が続いて清潔にしていてもなおらなかったりただれが気になるときにはかかりつけの皮膚科を受診するのが良いでしょう。
乳首はデリケートですので、自己判断をすると悪化することも否定できません。
陥没乳首でかゆいというのはありふれたことですので、恥ずかしい事ではありませんしよくある症状です。

陥没乳首のケアの仕方

陥没乳首は、乳首が陥没した状態で不潔になりやすいという特徴があります。
清潔にしているつもりでも、時折かゆみが出たり寝ている間にかきむしってしまうことは少なくありません。
一度ただれると陥没しているため、乾燥させにくく治りにくいのが実情です。

ただれるとなおりにくい部位ですので、気になる場合にはかかりつけの皮膚科を受診するのが良いでしょう。
授乳中であれば、婦人科や産婦人科などでも対応ができます。

垢がたまっていたり不潔になるとかゆみを感じるのは、それほど珍しい事ではありません。

陥没という形状のため、乾燥しづらく菌がわきやすいというのが陥没乳首の特徴です。
病院に行くと、適切なケアの方法を指導してもらえますし最適な薬を処方してもらうことができます。
その場で処置をしてもらうことが可能なケースもありますので、恥ずかしガラスに早めの受診が最適です。
早期受診で、悪化を防ぐことができるメリットがあります。

まとめ

陥没乳首は、不潔になりやすいためかゆい症状が続いたりかきむしってただれることは少なくありません。
部位的に恥ずかしいと感じて自己流のケアをしていると、より悪化してしまうこともありますのでできれば早めの処置のためクリニックの受診をするのがお勧めです。
早めの受診をすることで、最適なケアの方法を教えてもらうことができますし、炎症止めの薬も処方されます。早期の治療をスタートすると、悪化させずに治すことが可能です。

片方の陥没乳首がかゆい!その原因とは

原因①汚れがたまっている

片方の陥没乳首がかゆいという場合、主な原因の一つとなるのが汚れです。
陥没乳首は乳首が露出せず乳房に埋まっているような状態になるわけですが、陥没部分が表に出ないため洗いづらく、くぼみになっていることも多く汗や皮脂が入ってしまいやすい部分だといえます。
そのため、片方がかゆいと感じた際には汚れを取ることが重要です。
汚れを取るというと、専門的な器具やクリニックを利用する必要があると思われる方がいるかもしれませんが、基本的な汚れは普段から使用している石鹸やボディーソープでキレイにすることができます。
注意として、乳首や乳房や刺激に弱いので、肌へ刺激を与えやすいナイロンタオルなどは、使わない方が良いでしょう。
しかし、長年たまった汚れなどは石鹸で洗うだけでは中々落ちることはありません。
そのような場合には、オリーブオイルなど肌に優しいオイルを脱脂綿につけた乳首パックでキレイにするのがおすすめです。

原因②病気やアレルギーの可能性も

衛生状態などさまざまな要素が関係する陥没乳首のかゆみですが、乳首がかゆい場合はそれだけではなく、発病しているケースも少なくありません。
元々皮膚の弱い方であれば、陥没乳首に多少かゆみが生じることはありますが、掻きむしりたくなるほどかゆい場合、乳腺炎などの病気の可能性が考えられるため、近くの皮膚科を受診するようにしましょう。
どうしてもかゆいと感じる場合、皮膚科ではなく乳腺科を受診することをおすすめします。
陥没乳首のかゆみが非常に強い場合、症状が進んでいる可能性があるためです。
一方、肌がデリケートな方の場合はアレルギー反応の一つとして陥没乳首がかゆくなってしまうこともあります。
ら陥没乳首がかゆくなった」という方は、すぐに使用を中断して皮膚科などを受診するのが良いです。

まとめ

陥没乳首がかゆくなった際、さまざまな原因が考えられます。
くぼみとなった陥没部分に汚れがたまっていたり、病気の症状の一つとしてかゆみが発生していたりすることも少なくありません。
辛い陥没乳首のかゆみも、原因を知ることによって対処することが可能です。
かゆみを感じた際には、まずは石鹸など刺激の少ないもので陥没部分を洗い、それでもかゆみが取れない場合は皮膚科、もしくはかなりかゆみが強い場合は乳腺科などの病院を受診するようにしましょう。